blog_notice_20190702.png

2018年07月01日

7月になりました

暑い日が続きますね。

今日は、
パラリンピックのマラソン選手
近藤寛子氏
「最後まで諦めない」
講習会がありました。

網膜色素変性症
を発症後、障がい者マラソンの存在を知り、
リオ・パラリンピックでは5位入賞を果たしておられます。
お子さんの発達障害のお話しや
いじめの話など。
いじめる側はエネルギーは使わないのでしょうか。
それが楽しく、喜びだからでしょうか。
それにしても、いじめる人って
本当にかわいそうな人ですね…。
そんな声が聞こえてきます。

「あんなこともやりたかった、○○になりたかった〜
などと、できないことを振り返るより
できることに取り組んでいきたい!」
何て前向きで素敵なのでしょう。

障がいがあっても努力するから素敵って言われたい、
とアスリートとしての近藤さんの笑顔も素敵でした♪

現在パラリンピックは、
厚生労働省の管轄から文部科学省へと変更になっているそうです。
それだけで、パラリンピックの位置づけが
よーくわかりますね。

勇気と元気を頂いて
明日から、また頑張ってまいります。
暑いですけれど、ね(^_-)

芦屋市議会議員 中島かおりホームページへのリンク

posted by 中島かおり at 22:13 | かおり通信
hp-banner2.jpg