blog_notice_20190702.png

2020年05月21日

関西3府県で緊急事態宣言が解除されましたーその3−

学校における教育活動の再開について

9月入学にしてはどうか、という議論がでるほど
教育の問題は深刻ですし、
特に受験を控えている方々にとっては、
憂慮する状態であることは間違いありません。
タイトな日程で進まなければならない状況です。
色んな選択肢をもって国においても議論がされていると聞こえてくるところです。
ともかく教育格差をなくしていかなければなりません。
本日の緊急事態宣言の解除を受けて、
いよいよ6月から始動されるようです。

県教育長からの通知です。

5月21日に緊急事態宣言が解除され、最近の県内及び近隣府県の感染状況を踏まえ、
6月1日から学校における教育活動を再開します。
ついては、感染防止対策を徹底するとともに、保護者にも十分な説明を行いながら、
下記のとおり進めるようお願いします。
なお、今後、再び感染者数が増加するなど、
地域の状況に大きな変化があった場合には、
教育活動を制限することもあり得ますのでご留意ください。



1 教育活動の形態について
6月14日までは、学校の実態に応じた分散登校とし、活動は以下のとおりとする
(1)児童生徒等の過度な負担とならないよう配慮する
(2)教育活動については、校内に限る
(3)部活動について
@ 活動時間:1日90分を上限とする
A 活動を行う日:月〜金に2日及び土日に1日を上限とする
B 対外試合、合同練習、合宿は認めない

2 特別支援学校について
特別支援学校については、上記の基準を踏まえて、学校毎に対応する

3 定時制・多部制・通信制課程について
定時制・多部制・通信制課程については、上記の基準を踏まえて、学校毎に対応する

4 感染拡大防止対策について
文部科学省作成の、5月13日付け「教育活動の再開等に関するQ&A」、
「学校の新しい生活様式」(明日発出予定)等を十分参照するとともに、
以下の感染防止対策を徹底すること

(1)活動場所の2方向のそれぞれ1つ以上の窓を広く開けて換気を行うこと
(2)活動場所における児童生徒間のスペースを十分に(1m以上)確保すること
(3)登下校時も含めて、児童生徒にできるかぎりマスクを着用させること
(4)教室で活動する場合には、前列1列目の座席には児童生徒を座らせないなど、
教壇との距離を確保すること
(5)教職員はマスク等をできるかぎり着用し、会話等の際の飛沫防止に努めること

5 その他
臨時休業期間中の登校可能日の設定については、全ての学区で週2日を上限とする

各市町組合教育長にも、
参考として通知されています。

自粛が続き、
STAT HOME週間、お家にいましょう!
という行動様式が求められていたこともあり、
特に子どもたちにも大いなる戸惑いが蓄積されていると思います。
徐々に「自粛すること」を開いていきながら
教育に集中できるような環境に
一日も早くなりますように。
大人としての責任を果たすべく
尽力していきたいと思います。

不要不急の外出自粛は引き続き要請されます。
3つの密(密閉、密集、密接)を気にしつつ
新たなステージに向かって頑張ってまいりましょう!

新型コロナウイルス感染症対策に対応してくださっている
全ての皆さまに、
感謝いたします。

2020年5月21日(木曜日)
井戸知事による新型コロナウイルス感染症対策本部にかかる記者会見
は、まだ続いています。
お疲れ様です。
posted by 中島かおり at 20:39 | かおり通信

関西3府県で緊急事態宣言が解除されましたーその2−

緊急事態措置の見直し

見直し基準を達成した5月16日に緊急事態措置の見直し(第1弾)を実施
緊急事態宣言の解除を受け、5月23日以降さらなる見直しを決定

京阪神は同一交流圏のため、
府県が連携して同時、同範囲で実施

外出自粛
不要不急の外出自粛を要請
不要不急の帰省や旅行等、特定警戒都道府県や府県をまたぐ移動自粛
夜の繁華街の接待を伴う飲食店、カラオケなどの利用自粛

イベント
全国的かつ大規模な催物は中止または延期を要請
屋内:100人以下かつ定員の半分以下
屋外:200人以下かつ人との距離を十分に確保

施設使用制限

5月23日以降も休業要請を継続
@クラスター発生施設・・・接待を伴う飲食店、バー、カラオケボックス、ライブハウス、
スポーツジム
Aその類似施設・・・ダンスホール、ダーツバー、パブ、性風俗店

5月23日以降、新たに解除
○遊興施設(クラスター発生施設除く)
○運動・遊技施設( 〃)
○集会・展示施設
○飲食店(営業時間短縮)
休業要請を解除
ガイドラインに基づく適切な感染防止の徹底を要請

posted by 中島かおり at 20:21 | かおり通信

関西3府県で緊急事態宣言が解除されました

新型コロナウイルス感染症対策の概要

1 県内の感染者の状況

3月1日に県内初めての感染者が確認され、
当初は介護施設、医療機関などのクラスターで感染が拡がりました。
3月下旬からは、海外帰国者の感染や、
飲食機会の増加によると考えられる経路不明の感染者等が増加。
4月11日には、県内の1日あたり感染者数が最多となる42人に達しました。
医療従事者の皆さんのご尽力はもとより、県民、
事業者の皆さんのご協力により、5月以降、新規感染者数は減少し、
5月21日現在、感染拡大を抑制できている状況にあります。

2 これまでの感染症対策
この間、県では、検査・医療体制の強化などにいち早く取り組んできました。
感染者の増加に対して、必要なPCR検査を迅速に実施し、
十分な入院病床などを確保したことで、入院できずに
自宅療養となる感染者をゼロに抑えるなど、
感染ピークを乗り越えることができました。
4月7日に緊急事態宣言が発出され、本県も対象区域となる中、
県では、一刻も早く事態を収束させるため、県民の皆さんには
一層の外出自粛のお願いを、事業者の皆さんには4月15日から
休業等の要請を行いました。また、関西広域連合や全国知事会などを通じて、
近隣府県とも連携し、往来自粛の呼びかけなどを行いました。

3 今後の対応
5月21日に兵庫県に対する緊急事態宣言は解除されましたが、
依然、予断を許さない状況です。
厳しい行動抑制をお願いした大型連休明けの状況を
今しばらく見極める必要があります。
県としては、感染の第二波に備え、県民の皆さんの安全と安心を守るため、
さらなる体制強化に取り組んでいきます。
県民の皆さんには、大変なご苦労をおかけしていますが、
感染拡大の防止と社会経済活動を両立し、
誰もが安心して暮らせる日常を取り戻すため、引き続き、ご協力をお願いします。

感染拡大を見据えた今後の対応

感染者の減少等により緊急事態宣言が解除されたとはいえ、依然、予断を許さない状況
第二波など感染拡大を見据え、万全の医療・検査体制を不断に構築

(1)フェーズに応じた医療体制の構築
一般医療とのバランスも考慮し、特に重症患者の医療に支障が生じないよう留意しながら見直し
感染者の動向等を注視し、体制強化が必要な場合には機動的に対応
(次フェーズの初期段階にも対応できる体制を構築)
(2)外来・検査体制の強化
県民の皆さんの不安解消を図り、第二波に備えるため、外来・検査体制を強化
外来医療体制
帰国者・接触者外来(56機関)をさらに増加
関係市町、医師会等と協力し、各圏域での診療と検査
に対応した「地域外来・検査センター」を設置
検査体制
PCR検査可能検体数を404件から
1,000件に拡充
抗原検査を併用し、重症化予防や
クラスター対策等に効果的に対応
posted by 中島かおり at 19:58 | かおり通信
hp-banner2.jpg