blog_notice_20190702.png

2021年07月28日

まん延防止等重点措置実施区域指定の国への要請について

兵庫県新型コロナウイルス感染症対策協議会(第 12 回・7/28 開催)
新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第 57 回・7/28 開催)
が開かれ、記者会見が行われました。

本日、新たに県内で254人
(神戸市79人、姫路市24人、尼崎市33人、西宮市43人、明石市11人、県64人)
の新型コロナウイルス感染症患者が確認されました。
芦屋管内は6人で、芦屋市立学校の子ども2名が含まれています。

新規感染者数が増えていることについて、お気づきのことと思います。

特徴としては、
1 新規感染者の状況
若い世代が占める割合が多い(30 歳代以下が半数以上)
2 感染経路別の状況
(1)クラスター(特に高齢者施設)の発生が少ない
(2)若い世代の感染経路は「友人との会合等」、「飲食店」が多い
3 療養状況
(1)入院患者数及び重症者数が少ない
(2)若い世代は入院の割合が少ない

ということのようですが、

新規感染者数が昨日 260 人、本日 254 人となり、
直近1週間平均140 人を超え、人口 10 万人当り 18.4 人でステージVの水準に入るなど、
感染増加の局面にある。
第4波の感染増加局面とも酷似しており、
東京圏や大阪などで感染者数の大幅な増加が見られることに加えて、
夏休みによる人出の増加が見込まれ、第5波の感染急拡大が懸念される。
このような状況を踏まえ、今後の感染拡大を防止し、医療体制を確保していくためにも、
まん延防止等重点措置実施区域の指定を国に要請する。

ということになりました。
しかし、まん延防止等重点措置実施区域の指定が決まるまで空白期間をおくわけにもいかないために、
地域(姫路と東播磨)を追加して、現在のリバウンド防止対策を延長する。
ということです。
延長期間は
8/1(日)〜8/22(日)[22 日間] (現行:7/12(月)〜7/31(土))
※国対処方針の実施期間 8/22 まで延長

引き続き感染防止対策を心がけてまいりましょう。
posted by 中島かおり at 19:21 | かおり通信

おいしいごはんを食べよう県民運動

令和3年度おいしいごはんを食べよう県民運動推進協議会 
総会・事例発表会
に出席してまいりました。

保田会長さんには、久しぶりにお目にかかりました。
保田先生のご飯塾に、市議時代に参加させて頂いたことがあり、
それ以来、先生のお話を何度となく聞かせて頂いてまいりました。

http://nakajima-kaori.sblo.jp/article/25540218.html

2009年なので、市議になって1期目です。
さすがに若いです(笑)

井戸知事が来賓としてのご挨拶をされました。
この光景をみるのも、最後かな、と思っていました。
コロナ感染者が増えていることから、
まんぼうを国に要請するというようなお話もでていました。

IMG_7862.JPG

荒木副知事のご挨拶もありました。

IMG_7863.JPG

事例発表会では、

令和2年度「お米de部活応援!事業」の取り組みについて
部活を頑張る高校生をお米で応援

兵庫大学健康科学部栄養マネジメント学科 助手
管理栄養士・公認スポーツ栄養士
平郡 玲子 氏

ご飯は確かに腹持ちもよく、元気がでますね。
自分ごとになりますが、一般質問や、特別委員会の質問の際など、
ここぞという時には
朝も昼もご飯をしっかり食べていきます。

頭を使うときも、お腹はとても空くという経験を
誰もがお持ちではないでしょうか。

大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。
関係者の皆さまに感謝申し上げます。
posted by 中島かおり at 19:03 | かおり通信

かおり通信vol.111

かおり通信を配布中です。

暑いのに頑張ってね、など皆さまからお声をかけて頂くと
とても嬉しいです。

今朝は、JR芦屋駅南の再開発の事業について聞かれました。
この事業については、市議時代に、
事業が進む方向で議案等にも賛成をしてまいりましたので、
そのことをお伝えしました。
但し、現在関連する予算等が否決されるなど、事業が進んでいないことを新聞報道等で承知していますが、
どのような理由でそうなっているのか、
どのような議論が交わされているのかなど、市議会議員でない今の立場では、
議論に加わっておらず詳細がわからないため、
事業の可否について軽々に論ずることのできるものではないと考えています。

また、市立芦屋病院入り口の横断歩道があるが、
バスやタクシーなどの交通がありとても危険である。
その点を市議に伝えたが、
県議に伝えるようにとのことだったのでちょうど伝えられたよかった、
というお声もありました。
信号機の設置ということになれば確かに県のことかもしれませんが、
病院利用者や地元市民の声ということになると、
なぜ市議が動こうとしないのか。
このことについても、もしかしたら難しい案件なのかもしれません。

その他のお声としては、意見書 第73号 
『中華人民共和国による人権侵害問題の解決を促し、日本政府に必要な措置を講ずることを求める意見書』

https://web.pref.hyogo.lg.jp/gikai/teireikai/r03/r3_354/ikensho/ikensho-73.html
(兵庫県HPより)

ウイグル人弾圧について日本政府として調査を実施し、
問題が確認された場合は米国、英国をはじめとする関係各国や国際機関と連携し、
基本的人権の尊重及び法の支配が中国でも保障されるように働きかけるよう強く要望する。
というこの兵庫県議会の意見書について、大変評価する、
というお声も頂きました。

コロナ対策についても、現在のリバウンド防止対策が今月までとなっていることから、
今後どのような取り組みがなされるのか。
また新知事の元、どのように県政が進んでいくのかなど、
これまで以上に、丁寧にしっかりと
皆さまにもお伝えしていかなければならないと考えています。

暑い毎日ですが、コロナ対策に加えて、熱中症対策にもお気を付けて
お過ごしください。
posted by 中島かおり at 10:25 | かおり通信
hp-banner2.jpg