blog_notice_20190702.png

2022年06月08日

健康福祉常任委員会

開 会
(保健医療部関係)
1 付託議案審査
第63号議案
⑴ 当 局 説 明
⑵ 質 疑
休 憩
再 開
(福祉部関係)
1 付託議案審査
第63号議案
⑴ 当 局 説 明
⑵ 質 疑
2 表決並びに委員長報告
⑴ 付託議案

3 請 願 審 査
請願第67号

新年度から、組織改編により保健医療部と福祉部とになりましたので、
補正予算についても、各部ごとに審査されました。

午後からは、
令和4年度兵庫県議会政調懇話会が開催されました。

目的
行政各般にわたる知識、情報を的確に把握し、
議会活動の充実に係る調査・研究を通じて議員の政策形成能力の向上を図る。

開催時期等
(1)開催日時 令和4年6月8日(水) 14:00〜15:30
(2)開催場所 県議会大会議室(第3号館7階)
(3)対 象 者 全議員

開催内容
(1)講演テーマ
「ウクライナと日本の架け橋として〜国際政治学者からみた政治、支援をめぐる課題〜」

ウクライナへの侵略が長期化し、経済、外交、政治など
様々な分野での影響が我が国にも及んでいるなか、
ウクライナ支援や今後起こりうるリスクへの対応などについてご講演いただきました。

(2)講 師
ナザレンコ・アンドリー氏
1995 年、ウクライナ東部のハリコフ市生まれ。
ハリコフ・ラヂオ・エンジニアリング高等専門学校の
「コンピューター・システムとネットワーク・メンテナンス学部」で準学士学位取得。
2013 年11 月〜14 年2 月、首都キエフと出身地のハリコフ市で、
親欧米側学生集団による国民運動に参加。
2014 年3〜7 月、家族とともにウクライナ軍をサポートするためのボランティア活動に参加。
同年8 月留学のために来日。
日本語学校を経て、大学で経営学を学び、現在は政治評論家・外交評論家として活躍中。
ウクライナ語、ロシア語のほか英語と日本語にも堪能。

日本にとっては、対岸の火事ではなく、他人ごととしてとらえるのは大変危険であるのではないか、
とお話しいただきました。
平和のあり方と国のあり方について、考え直す機会をいただきました。
皆さま、お疲れ様でした。
明日は、本会議です。
posted by 中島かおり at 20:04 | かおり通信
hp-banner2.jpg