blog_notice_20190702.png

2022年09月03日

芦屋市マンションセミナー&交流会

管理計画認定制度と芦屋市の分譲マンション
〜自分の居住するマンションの実態を知りましょう〜

ご案内をいただき、出かけてまいりました。

2020年6月
マンション@管理適正化法A建替え円滑化法が改正され、
高経年化、高齢化、担い手不足から危惧される管理不全のマンションの増加

芦屋市の分譲マンション実態調査結果から見える芦屋市の特徴について、
ご説明を頂いた後、
質疑応答、交流会が開かれました。

芦屋市のマンションの全体的特徴などについて
1、小規模で維持管理費用負担は大きいが、
建物設備は適切に維持管理されている。
2、管理組合の主体性、管理組合活動への関心は低く、
管理会社への依存度は高い。
3、マンションの規模の割に過剰気味のエレベーターや
機械駐車場設備の維持改修費の負担が今後増大する。


管理組合の役員のなり手不足の影響をどのように改善するのかなど、
課題は多くありそうです。

このような意見交換をすることができる場を望むといったご意見もありました。
まずは、調査に基づき、実態を把握することがまず大事だということがよくわかりました。

posted by 中島かおり at 22:49 | かおり通信
hp-banner2.jpg