blog_notice_20190702.png

2022年09月10日

コロナの療養期間の短縮について

新型コロナウイルスオミクロン株陽性者の療養期間が短縮されました。

【有症状者の場合】
・原則、発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合
(ただし、10日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイ
リスク者との接触及びリスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること
等感染対策を求めています。また、症状や検査、治療などにより異なる場合があります。)
例)9月1日発症、9月2日〜9月8日療養、9月9日解除
※入院している方(高齢者施設に入所している方を含む)は、発症日から10日間経過し、かつ、
症状軽快後72時間経過した場合、療養終了となります。

【無症状者の場合】
・検体採取日から7日間経過した場合
例)9月1日検体採取、9月2日〜9月8日療養、9月9日解除
・ただし、5日目の抗原定性検査キット(※)による検査で陰性を確認した場合には、5日間経
過後(6日目)に解除可能
(ただし、7日間を経過するまでは、検温など自身による健康状態の確認や高齢者等ハイリス
ク者との接触及びリスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等感
染対策を求めています。)

※薬事承認された抗原定性検査キットを用いてください(自費検査)。

【注意事項(有症状者、無症状者共通)】
但し、デルタ株であることが判明した場合は、10日間になります。
オミクロンとデルタ株では、かなり差異があるということなのでしょうね。
posted by 中島かおり at 17:25 | かおり通信
hp-banner2.jpg