blog_notice_20190702.png

2020年09月12日

『未来の教育を考える』(皆で共に話しませんか)を開きました

未来の教育を考える
 〜アクティブラーニングを体験してみませんか〜

講師
高橋 宏輔 氏
(朝日小学生新聞・朝日中高生新聞教育プランナー)

芦屋市商工会にて

当初6月開催予定でしたが、コロナ対応のため9月に延期しました。
定員を会場の半分という規制の下、
密を避けコロナ対策をして、無事に開催することができました。

IMG_6225.JPG 

確証バイアス(都合のよい情報を集めてしまう心理)に陥らないためには
★思いやりをもつこと
★他者の意見や個性を受け入れる
★直接会って話をする
★ことばを大切にする等
が重要で、何といっても考えること、思考することが
教育の根底には時代を問わずとても大事なことだと感じました。
ある県議会の意見書が、某大学の入試の材料として用いられ、
それを5分で読み解き、85分ディスカッションするという受験のあり方にも驚いた次第です。

企画当初は、コロナの影響がこのように広がるとは想像もできない時でしたので
アクティブラーニングを体験していただくために
何人かのグループでディスカッションをして頂く予定でした。
しかし、何分密を避けなければならない状況下において
それは難しかったので、全体で考えて意見を述べる、という形をとりました。
ディスカッションの時間を多くとることができなかったのが
主催者としては残念でした。
しかし、教育改革が何をどのように変えていく必要があるために
現在どのように改革が進行しているのかについて
参加者の方々にお知らせできたことはよかったようです。
ある程度満足してお帰り頂けたようで安心しました。

IMG_6223.JPG

今後も様々な角度で皆さまと語り合い、お声を届けて頂きつつ、
政策へと結びつけてまいりたいと思います。
posted by 中島かおり at 20:50 | かおり通信
hp-banner2.jpg