blog_notice_20190702.png

2021年03月05日

3月8日以降の社会制限等について

感染のリバウンド対策と次なる波への備え

●緊急事態宣言解除後の状況
県民、事業者の皆様のご協力により
新規感染者数は20人台まで減少
重症病床使用率も30%台で推移する
など医療提供体制も改善
●一方、減少ペースは鈍化
年度末のリバウンドが懸念

今後の対応
●感染のリバウンド対策
・段階的な規制緩和
・年度末の飲食機会の抑制
●次なる波への備え
・予兆をとらえるモニタリング検査
・ワクチンの円滑な接種

●感染のリバウンドを防止するため、エリア単位で対策を重点化しつつ、段階的に規制を緩和

3/8(月)〜3/21(日)
○日中を含む不要不急の外出自粛

〇施設の使用制限
対象地域
神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市

営業時間短縮
21時まで
・4万円/日の協力金支給
(酒類提供は20時30分まで)

〇イベント開催制限
人数上限
5,000人以下又は50%以内(≦1万人)のいずれか大きい方

大声なし
100%

大声あり
50%以内

〇出勤抑制
在宅勤務、テレビ会議などを推進

新型コロナウイルス対策として東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県に
発令中の緊急事態宣言(7日期限)について、
21日まで2週間延長することを
夜の新型コロナ対策本部で正式決定されます。
兵庫を含む関西については、緊急事態宣言が解除となっていますが、
引き続きの感染症対策を心がけてまいりましょう。
posted by 中島かおり at 19:35 | かおり通信
hp-banner2.jpg